髪全体を染める場合

部分的な白髪もいやなものですが、髪全体が白髪というのも当然悩みますね。 年齢的に髪全体が白髪でも違和感がないとか、染めなくてもシルバーグレイがおしゃれに見える雰囲気の人ならそのままでもいいでしょう。

しかし、なかなかそんなわけにはいきません。髪全体の白髪に悩む人は、髪全体を白髪染めできれいにしてしまいましょう。

白髪染めを使って自分で髪全体を染める場合には、全体をムラなくしっかりと染めることが必要ですね。白髪染めを髪全体に素早く塗って、薬液を伸ばすという作業が必要になりますので、できるだけ塗りやすいものがいいですね。

髪になじむ性質のジェルタイプや乳液タイプだとやりやすいかもしれません。 生え際や側頭部(こめかみ)などの部分的な白髪染めの場合は、気になる部分に念入りにというのがポイントでしたが、髪全体を染める場合のポイントは、全体が同じトーンになるように均一に液を行き渡らせること、放置時間も均一になるように素早く全体に行き渡らせること、このあたりが重要ですね。

 

ページのトップへ戻る