髪や頭皮へのダメージを少なくする

髪全体を白髪染めで染める場合、やはりしっかりと染めたいということで一番効果の高い強力なヘアカラータイプを選ぶ人が多いようですね。しかし、一番しっかり染まるということは、それだけ髪や頭皮に対する刺激も強いので、アレルギーや敏感肌の人は炎症を起こすこともありますし、そうでなくても目に見えないダメージを受けることがあります。

白髪染めをした後に、伸びてくる根元の部分の白髪がまた気になってきたり、髪全体の白髪染めの色が落ちてきたりしますが、再び髪全体を白髪染めするには2~3か月の間を空けた方がよいでしょう。短い期間で頻繁に髪全体の白髪染めをしていると、髪は傷んでしまうし、頭皮もトラブルを起こしかねません。

白い髪にしっかりと色を付けるということは、やはりそれだけ強い作用をもった液を使っているということを認識しなくてはいけません。髪に塗りつけるということは頭皮にもしっかり塗っているということですし、頭皮は顔からつながっている肌の一部ですから、刺激が強すぎるとトラブルになるのも当然ですね。

 

ページのトップへ戻る